管理人が体験した100万円超えの全身脱毛体験談、今だから言える脱毛サロンの表と裏とは?

脱毛体験

始まりは1枚の誕生日無料チケット

 

私とエステ脱毛との出会いは、誕生日にセシールから送られてきた、一枚の無料脱毛体験チケットでした。まだまだ脱毛をする女性が一般的では無く、料金も高いのが当たり前だった頃のことです(2008年頃)。

 

「ちょうど、プールにも行きたいし、足の毛をなくしてもらっちゃおう!無料なんて超ラッキーじゃん♪」

 

超大手エステサロンと言うこともあり、そんな風に考えて申し込みを済ませました。

 

学生のころから毛抜きとカミソリを使った自己処理をしていたため、20歳の頃は肌もボロボロ、ワキはすでに黒ずんでいました。テレビを見ながら毛抜きで足の毛を抜くのがお決まりで、いつもボツボツ赤みがあり、生足でスカートを履くことなんて到底ムリ!と言う状態になっていたんです。

 

折込チラシで見た除毛クリームや、1本1本自動で抜くと言う高額な機械を買ってみたり、長年に渡り、ムダ毛とはいろんな戦いを強いられて来ました。

 

そんな私に、脱毛チケットはまさに救世主だったのです。

 

自宅から車で1時間ほどのサロンへ到着し、受付を済ませました。とってもラグジュアリー感のある、ザ・エステサロン!と言う雰囲気に少々酔いしれておりました。

 

個室へ案内され、脱毛に関する説明を長いこと受けたと記憶しています。「早くやってくれないかなー」と言う気持ちだったことはハッキリと覚えています。

 

そしていよいよ施術に入りました。

 

当時、そこで行われていた脱毛法は、美容電気脱毛と言うニードルを使ったもののみでした。現在の脱毛法は、光(フラッシュ)脱毛法が主で、脱毛したい部位に光を当てるだけのスピーディーなものです。しかし電気脱毛は、毛穴ひとつひとつに針のようなプローブ(細い電極)を差し込み、電気を流して毛乳頭の働きを停止させる、と言う時間のかかる方法です。しかも、プローブを入れる際にチクっとした痛みを伴うため、【時間と痛みとの戦い】と言える方法だったのです。

 

無料体験はあっという間に終了し、私のひざ下は中途半端に毛が抜けていると言う、見るも無残な状態になっていました。

結局その場で契約10万円、チーン!

さぁ、ここからが勧誘のスタートです。このまま家に帰るのか、契約をして続きを行うのか?もちろん私は脱毛をして欲しかったので、契約をすることにしました。

 

その頃の料金体系はとてもわかりにくく、脱毛周期のことを説明されても、どのくらいで脱毛が終わるものなのか良くわからず、クレジットカードも持ってるし大丈夫だろうと契約をしました。

 

当時、【ワキ完了コース:○○○円】のようなわかりやすいものがありませんでしたので、とりあえず10万円でカードを購入しました。この時私が考えていたのは、「10万円あったら完了するでしょ!」と言う軽い気持ちだったのです。

 

しかも、当時の料金体系は1本●円ではなく、1分●円と言う恐ろしいシステム。施術の下手なスタッフだと時間ばかりかかって、ちっとも本数が減らない、でも残高は減る!と言う地獄の料金体系だったのです。湯水のごとくカードの残高が減って行ったことが思い出されます。

 

今なら約2年で脱毛が完了する、ということがわかりますが、当時は本当に理解しておらず、今生えていない毛がある、と言われてもあまり深く考えようとはしませんでした。ここは私の考えが浅はかなところで、高額を使ってしまう原因にもなっていたと思います。

次々と進められる部位と強引な勧誘

脱毛がどのくらいで終了するのかを理解していなかった私は、残高があるのをいいことに、ワキ・Vライン・乳輪・腕(ひじ下)も次々と契約して行きました。

 

当然途中で残高はなくなり、またカードを10万円追加する、そんなことを繰り返していました。

 

ニードル脱毛は痛みを伴う施術なのですが、肌が乾燥しているとさらに痛みを強く感じるのだそうです。だからとにかく保湿をして下さい、潤いを与えて下さい、と何度も言われました。そしてその先には保湿アイテムの勧誘が待っているのです(ToT)

 

ずるいなと感じたのは、施術前や後に言うのではなく、施術している最中に勧誘してくるところです。ただでさえ気弱で断れない性格なのに、施術中に言われると、良くわからないまま「お願いします」と答えてしまうのでした。

 

当時、保湿のために進められたアイテムは、クリームのみにとどまらず、体の中から潤うと言う、コラーゲンドリンク1本1万4千円をまとめて4本!や、黒ずみを改善するというホワイトニング化粧品などがありました。

 

これらを買う度にカードの残高はどんどん減り、再び10万円を追加すると言う負のスパイラルに陥っていました。

 

でも、そんなお財布事情とは裏腹に、脱毛をしてもらった私の肌はどんどんキレイになって行きました。ドリンク剤や保湿クリームが効いていたのかはわかりませんが、毛がなくなった部分はツルツルスベスベに変化していったのです。

 

ワキの黒ずみは本当にキレイになった!

そんな中、ワキの黒ずみに関しては悩みが深く、とても気にしていたところに「クレンジングとホワイトニングのオプション」を勧めてきました。『あぁ、また残高が減るなぁぁ、でもワキはキレイにしたいし、どうしよう、ここまで来たらやらなきゃいけないよなぁ・・・』

 

そんな気持ちになっていた私は、当然「お願いします」と答え、オプションコースを受けることになりました。ワキの毛穴のつまりをゴマージュで徹底的に取り除くクレンジングと、くすみを解消してくれるホワイトニングパックなどをやったと思います。これを何回やったか覚えていないのですが、おかげで本当に本当にワキの黒ずみがなくなり、キレイになったことはとても嬉しく思っています。嫌なことばかりじゃないなー、と(苦笑)

 

終わりが見えない脱毛の恐怖、ついに突破80万円!

しかし、通い続けても全く終わる気配のない脱毛。毎回、「あとどれくらいですか?」と質問していた記憶がありますが、「今○%ぐらい進んでいます」と言うようなあいまいな回答しかもらえず、結局どんどんお金を追加して行きました。

 

そしてふと気づいた時、私が購入したカードの合計額は100万円を突破していました。【このままじゃアタシ破産する!】そう我に返り、解約することを決めたのです。

 

通い始めてどのくらいの年月が経ったのでしょうか・・・。

 

お金はどんどん消えていくけど、肌はキレイになっていく。でもそろそろ限界。だいぶ毛もなくなってきたし、思い切って解約しよう。そして最近気になる脱毛専用サロンへ乗り換えする!

 

そう決めて解約をしました。

 

解約センターへ電話をしたり、書類に記入したりと、色々と手続きが面倒くさく、解約金もかかりました。手付かずのコラーゲンドリンクは返品不可能でしたが、全てが終わると思ったら気持ちは楽になりました。

 

じゃあ脱毛はやらなきゃ良かったの?仕上がりに大満足?

たくさんのお金をつぎ込んだ私の体ですが(笑)、今となっては本当にがんばって通って良かったなと思っています。後悔は一切ありません。ワキはもちろんのこと、腕、足、Vゾーンをキレイにしたことで、自己処理は未だにゼロ!夏になるからお手入れしなきゃ、なんてことは必要ありません。いつでも肌を出せる状態と言うのはなんて楽チンなんだろう、と感動すら覚えます。

 

それまでは、スカートをはくのにもムダ毛が気になって仕方ありませんでした。水着なんてもってのほか、肌の露出はしないような服ばかりを選んでいました。

 

それが脱毛をしたことによって、気持ちが楽になり、夏も怖くない!水着も平気!ノースリーブだってカモーン♪と言う状態になりました。女性にとっては嬉しいことですよね。

 

今は安くて品質の良いサロンが増えています。私のように、約100万円も使うことなく、全身脱毛もできる時代になりました。ワキだけなら驚きの100円で通い放題なんてコースまで登場。こんなにお得に脱毛できるならやらなきゃ損です!格安サロンでそのお店の脱毛法やスタッフの対応、技術力、美肌力などを知り、その上でワキ以外の脱毛もやってみるのがいいんじゃないかなと思います。

 

そんな苦々しい脱毛体験をした管理人がオススメする脱毛サロンは、こちら!

コスパと通いやすさで選ぶならミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの詳細へ
ミュゼプラチナム

脱毛効果と美肌力の高いサロンを選ぶならエステティックTBC

エステティックTBCの詳細へ
両ワキ脱毛

 

どちらも管理人が通って、キレイな肌を手に入れたサロンです。
今では昔のようなキツイ勧誘も無いですし、プランも選べて自由度が上がっています。どちらのサロンを選んでも、失敗は無いでしょう。